全国和牛共進会

全国和牛能力共進会とは

見出し背景写真大会イメージ

第12回全国和牛能力共進会
開催テーマ「和牛新時代地域かがやく和牛力」

全国和牛能力共進会とは

「全国和牛能力共進会」は、全国の優秀な和牛を一堂に集めて、改良の成果やその優秀性を競う大会です。審査は、種牛(雄牛・雌牛)の姿・形の体型の良さなど、改良の成果を月齢別に審査する「種牛の部」と、肉質を審査する「肉牛の部」があります。また、前回大会では、復興特別出品区として「高校の部」が開催されましたが、第12回鹿児島大会からは、「高校及び農業大学校」の部として新設されます。全国の和牛関係者にとって、この大会で優秀な成績を収めることは、和牛ブランド力の向上につながることから、最も重要な大会となっています。

第11回宮城大会の様子

大会イメージ写真コラージュPCデザイン 大会イメージ写真コラージュSPデザイン

これまでの開催状況

共進会には、開催の都度、時代の流れに即応した、開催テーマが設けられています。
鹿児島県では、昭和45年に第2回大会が開催されており、令和4年に開催される第12回大会は、全国で初めての2回目開催となります。

大会 開催県 開催年 参加道府県出品頭数 開催テーマ
第1回 岡山県 昭和41年 6県
99頭
和牛は
肉用種たりうるか
第2回 鹿児島県 昭和45年 24府県
211頭
日本独特の肉用種を
完成させよう
第3回 宮崎県 昭和52年 33道府県
279頭
和牛を農家経営に
定着させよう
第4回 福島県 昭和57年 33道府県
314頭
和牛改良組合を
発展させよう
第5回 島根県 昭和62年 35道府県
324頭
着実に伸ばそう
和牛の子取り規模
第6回 大分県 平成4年 35道府県
391頭
めざそう国際競争に
打ち勝つ和牛生産
第7回 岩手県 平成9年 37道府県
432頭
育種価とファイトで
伸ばす和牛生産
第8回 岐阜県 平成14年 38道府県
469頭
若い力と育種価で早めよう和牛改良、
伸ばそう生産
第9回 鳥取県 平成19年 38道府県
492頭
和牛再発見!
地域で築こう和牛の未来
第10回 長崎県 平成24年 38道府県
480頭
和牛維新!地域で伸ばそう生産力
築こう豊かな食文化
第11回 宮城県 平成29年 39道府県
513頭
高めよう生産
伝えよう和牛力 明日へつなぐ和牛生産
© 全国和牛能力共進会