和牛フェスinかごしま2022

見出しの背景写真青空

和牛フェス盛り上げ隊レポートVol.11(県立加世田常潤高校)

和牛フェス盛り上げ隊 2022年03月30日
  • フェイスブックのボタンアイコン
  • LINEのボタンアイコン
  • Twitterのボタンアイコン

 みなさん,こんにちは。
 加世田常潤高校食農プロデュース科の畜産専攻2年生の齋藤真凛です。

 今回は,食農プロデュース科の概要と,私たち畜産専攻生の取組について御紹介します。

 食農プロデュース科は,令和元年に新設された農業の学科で,「農場から食卓まで常潤ブランドでひとつなぎ」をテーマに,農業の6次産業化に関する学習に取り組んでいます。
 2年生から,野菜・果樹・畜産専攻班に分かれ,それぞれの分野の生産技術を習得するだけでなく,加工技術や流通・販売方法などを学習します。そして,課題研究では,2年間かけて,それぞれの専攻班の素材をプロデュースできるような“売れる”商品やサービスの開発に取り組みます。1期生は自然農法で育った赤いかぶのおろしドレッシング,学校果樹園の温州みかんを原料としたみかんジャム,瓶詰の黒豚そぼろを開発し,地域のお客様から高い評価を頂くことができました。

 さて,私たち畜産専攻生は,肉用牛と黒豚の飼育について学んでいます。座学では豚の発情の仕組みや豚舎の構成などについて学び,より高品質な黒豚生産を目指しています。
 実習では,豚の飼育管理に加え,肉用牛の飼養管理を中心に取り組んでいます。授業だけでは管理時間が足りないので,放課後にも給餌をしたり,繋牧してブラッシングをしたりと,10月の全国和牛能力共進会鹿児島大会に向けた準備も行っています。
 全共鹿児島大会への準備はもちろん,加世田常潤高校食農プロデュース科一丸となって「和牛フェス盛り上げ隊」として5年に1度の和牛の祭典を盛り上げていきたいです!

一覧へ戻る
© 全国和牛能力共進会