和牛フェスinかごしま2022

見出しの背景写真青空

「和牛フェス盛り上げ隊」レポートVol.2(県立伊佐農林高校)

和牛フェス盛り上げ隊 2021年11月09日
  • フェイスブックのボタンアイコン
  • LINEのボタンアイコン
  • Twitterのボタンアイコン

 みなさん、こんにちは。私は、伊佐農林高校農林技術科3年の日高明希です。今回は、伊佐農林高校の紹介と全国和牛能力共進会PR活動の報告をします。
 伊佐農林高校は、県北部の熊本県と宮崎県に隣接し、川内川の上流域にある大口盆地の伊佐市にあります。設置学科は、農林業を学ぶ農林技術科と、家庭と商業を学ぶ生活情報科の2学科6学級の専門高校です。農林技術科では、農林業の学習をはじめ、地域との交流活動や各種資格取得に対して積極的に取り組んでいます。また、私が所属する大家畜専攻班では、肉用牛の生産から肥育出荷までの一貫経営を学び、年間を通して約40頭の黒毛和種を飼育しています。
 次に、全国和牛能力共進会PR活動について紹介します。先月の10月29日に、「姶良・伊佐地区専門高校フェスタ」が伊佐農林高校で開催され、このイベントは、地域の専門高校が集い、専門高校の魅力や役割を広く紹介することを目的とし、地域の方々や小・中学生が参加しました。会場では、参加する小・中学生に全国和牛能力共進会PRグッズを配布して、PR活動を行うことにました。当日は快晴で、正門前に設置した机に、早朝からPRグッズ・「和牛フェス盛り上げ隊」の任命証・第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会のポスターとのぼり旗を並べてPR活動の準備を行いました。専門高校フェスタの見学を終えた小・中学生が帰りのバスに乗る前に、「和牛フェス盛り上げ隊です。全国和牛能力共進会鹿児島大会が来年実施されるので、よろしくお願いします。」と声をかけながらPRグッズを次々に渡しました。およそ150名の小・中学生に大会PRグッズを配布しましたが、中学生にはポケットティッシュ、小学生にはシールが大人気で、「もう一つもらっていいですか?」と声をかけてくる児童・生徒がたくさんいました。
 伊佐市は、会場の霧島市に近いので、PR活動で全国和牛能力共進会に興味を持った小・中学生が、家族と一緒に開催会場へ来てくれることを楽しみにしています。

一覧へ戻る
© 全国和牛能力共進会