和牛フェスinかごしま2022

見出しの背景写真青空

和牛フェス盛り上げ隊レポートVol.5(霧島市立国分中央高校)

和牛フェス盛り上げ隊 2022年01月05日
  • フェイスブックのボタンアイコン
  • LINEのボタンアイコン
  • Twitterのボタンアイコン

 こんにちは、私たちは国分中央高校です。
 国分中央高校は、今回「種牛の部」の会場となっている霧島市にある学校です。霧島市は鹿児島県本土のほぼ中央部に位置し、自然豊かで温泉に恵まれた地です。国内初の国立公園である「霧島連山」や霧島温泉郷、日当山温泉郷などの観光名所も多く、建国神話の主人公「ニニギノミコト」を祀る「霧島神宮」は11月に国の文化審議会が重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申しました。また、食においても「福山の黒酢」や「霧島茶」、桜島大根のルーツとされている伝統野菜「国分だいこん」など、どれも鹿児島県を代表する美味しいものばかりです。
 そんな霧島市にある国分中央高校園芸工学科では,農業の基礎・基本を習得し,野菜・草花・バイオテクノロジーを中心に学習に励んでいます。2年次にはHACCPトレーニング講習を受け,野菜部門ではK-GAPの取得,バイオテクノロジー班ではA-GAPも取得しており,これからの農業経営に欠かせない知識の習得に力を入れています。その他にも,野菜班では鹿児島県の伝統野菜である「国分だいこん」の復活を目指してプロジェクトに取り組み,草花班では霧島市の「花いっぱい運動」で花の提供を行ったり、地域の小中学校に向けたフラワーアレンジメントの出前授業を実施しています。バイオ班では、芋焼酎「安田」の原料となるさつまいも「蔓無源氏(つるなしげんぢ)」の栽培・育成を行っており、どの専攻も充実した学習を行っています。
 私たちの学校では和牛の飼育・管理は行っていません。しかし,地元・鹿児島で行われる5年に1度の和牛の祭典を盛り上げるべく,「和牛フェス盛り上げ隊」として精一杯頑張っていきたいと思います!

【写真1】国分中央高校

 

【写真2】小学生に向けた芋植え指導

 

【写真3】プロジェクト名「国分だいこんの復活」 全国高校生農業アクション大賞 準大賞
一覧へ戻る
© 全国和牛能力共進会