和牛フェスinかごしま2022

見出しの背景写真青空

和牛フェス盛り上げ隊レポートVol.7(県立鶴翔高校)

和牛フェス盛り上げ隊 2022年02月04日
  • フェイスブックのボタンアイコン
  • LINEのボタンアイコン
  • Twitterのボタンアイコン

 今年の10月、「全国和牛能力共進会」が地元鹿児島で開催される。この大会への出場を目指し、畜産を学ぶ私たち鶴翔高校の生徒たちは日々肉用牛の管理に励んでいる。
 昨年の11月、姶良中央家畜市場にて「家畜審査競技会(肉用牛の部)」が開催された。
 私たちは、4頭の牛を見比べたり、皮膚や体毛を触ったりなどして、30分間、出された項目の審査を行った。競技終了後の勉強会まで全員真剣に取り組む姿勢や表情は変わらなかった。高校生県代表になるため、今から頑張らなければならないという思いを感じ取れる熱い大会だった。
 また,令和3年12月19日と20日の2日間、私たちは「第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会」のPR活動のため、阿久根市産業祭に参加した。
 このイベントでは、阿久根市の農産物や加工品などを販売しており、本校も野菜や花、加工品の販売を生徒たちで行った。
 私たちは、産業祭に足を運んだお客様方に第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会のPRグッズを配布した。大人にはポケットティッシュやウェットティッシュ、子供にはシールやクリアファイルといった感じで、年代に合わせて配布するPRグッズを工夫した。また、大会マスコットキャラクターである「かごうしママ」の着ぐるみを使って、注目を集めた。こちらはかなり好評のようで、特に子供には大人気であった。
 このPR活動で、少しでも全国和牛能力共進会に興味を持ってくれたらいいなと思う。また、多くの方々に、実際に共進会会場に足を運んでもらいたい。

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る
© 全国和牛能力共進会